宅地建物取引業法の改正について

宅地建物取引業法の一部を改正する法律が平成30年4月1日から施行されました。 既存住宅の取引に対する新たな措置内容として、宅地建物取引業者に対し、以下の事項を義務付けることになりました。

  • 媒介契約の締結時に建物状況調査(いわゆるインスペクション)を実施する者のあっせんに関する事項を記載した書面の依頼者への交付。
  • 買主等に対して建物状況調査の結果の概要等を重要事項として説明。
  • 売買等の契約の成立時に建物の状況について当事者の双方が確認した事項を記載した書面の交付。

詳しくは、国土交通省のホームページをご覧ください。

  • 公開日
  • 更新日
一覧へ戻る