住居確保給付金の改正について

(大阪市ホームページより)

令和2年4月20日から対象者が拡がりました

住居確保給付金は、就職に向けた活動をするなどを条件に、一定期間家賃相当額を支給する制度です。(原則3か月間、最長9か月までの間で、1か月単位の支給となり、本市から家主の方に直接支払います。)

これまでは、「離職・廃業から2年以内の方」が対象でしたが、令和2年4月20日以降は、これに加えて「個人の責や都合によらない休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方」も対象となります。

申請は、お住まいの区(既に住居を喪失している方は、住むことを希望している区)の区役所となります。

詳しくは、大阪市ホームページをご覧ください。

  • 公開日
  • 更新日
一覧へ戻る