ページの先頭へ
イベント情報
カテゴリー
キーワードで絞り込む
期間を絞り込む

【動画】シンポジウム「美しい日本の暮らし・秋」

2020年11月29日(日) 〜 3月31日(水)
  • 場所
    ご自宅でご覧ください
  • 主催
    大阪くらしの今昔館(大阪市立住まいのミュージアム)
  • 定員
    どなたでも
  • シンポジウム「美しい日本の暮らし・秋」の内容をお届けします。

    【動画】シンポジウム「美しい日本の暮らし・秋」

     

    講演1 「生活を楽しむ日本の暮らし」大阪くらしの今昔館 館長 谷直樹

    https://youtu.be/AihEB-m9Czc 

    講演2 「茶の湯の季節感」大徳寺玉林院 森 雅子氏 

    https://youtu.be/sYuHYYTHNJs

    講演3 「和装がふだん着だった頃」大阪くらしの今昔館 深田 智恵子氏https://youtu.be/wuD2abNoDVY

    講演4 「美しい都市のくらしと創造性」 文化庁文化創造アナリスト 大阪市立大学名誉教授  佐々木 雅幸氏

     https://youtu.be/IzeDZ8Obec0

     

    再生リスト(1~4をまとめて見る)

    https://youtube.com/playlist?list=PLOmWXfBKczRsBvC4j4k7ybNm4S9Ov2ltQ

     

    --------------------------------------------------------------------

    日 時: 令和2年11月29日(日) 

    主 催: 文化庁 (令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業「生活文化振興等推進事業」)

     共 催: 大阪市立住まいのミュージアム(愛称・大阪くらしの今昔館)

    企画・運営: 公益財団法人 山本能楽堂

     

    この事業は、文化庁から委託を受け、公益財団法人山本能楽堂が企画・運営し、大阪市立住まいのミュージアムが共催で実施する「二十四節気七十二候~暮らしをいろどる生活絵巻~日本人ってすごい!」の一環としておこなうものです。

    (開催概要)

    わたしたち日本人は古来、自然への畏敬の念をいだきながらも、自然と共存・共生し、日常の暮らしの中に四季折々の自然を取り込み、その移ろいを細やかに感じながら生活を楽しんできました。

    このシンポジウムでは、そのような暮らしの中で生れた日本人の民族衣装である「和装」を中心に「住まい」「茶道」をキーワードとして今日的な視点で和装の魅力をひもときます。日常の生活の中でふだん着であった和装の多様性や面白さ、さらにハレの日の和装をかつての花嫁行列から学び、日本人の生活の中での和装の広範性や重層性について考えます。

     

    --------------------------------------------------------------------

    大阪くらしの今昔館では博物館のガイドラインに基づき、コロナウイルス感染拡大防止の対策を実施しています。

     

    ◆お問い合わせ先:

    大阪くらしの今昔館(大阪市立住まいのミュージアム)

    ●住所/〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4-20

    ●TEL/06-6242-1170

    ●FAX/06-6354-8601

    ●開館時間/午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

    ●休館日/火曜日、年末年始

    ●常設展入館料/大人600円 高校・大学生300 円

    ●企画展入館料/大人300円

    ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明書提示)

    ●アクセス/

    Osaka Metro 谷町線・堺筋線、阪急電車「天神橋筋六丁目」駅下車3番出口より住まい情報センター建物の地下へ連絡

    JR大阪環状線「天満」駅から北へ徒歩7分

    ●ホームページ/http://konjyakukan.com/

    コメントのアイコン
    このイベントへのコメント
    コメントのアイコン
    このイベントへのコメントを書き込む