ページの先頭へ
貸室のお知らせ

使用人数制限の緩和のお知らせ

投稿日 2020年10月7日(水)
更新日 2020年10月9日(金)

大阪市立住まい情報センターでは、みなさまに安心して貸室(ホール・研修室)をご使用いただけるよう「公益社団法人全国公民館連合会」の感染予防のガイドラインに基づき、新型コロナウィルス感染症の感染予防対策を実施しています。

このたび、ガイドラインが改訂されたことに伴い、使用人数の緩和を実施します。なお、申込にあたっては、新型コロナウイルス感染予防対策の遵守事項に係る誓約書をご提出いただきます。

 利用者のみなさまにはご不便をおかけしますが、感染拡大リスクへの意識を低下させることなく、感染予防のためご理解・ご協力を賜りますようお願いいたします。

 

【使用人数の緩和】

ホール    机使用の場合   :50席→100席

      (椅子のみ使用の場合:72席→194席)

研修室1+2 机使用の場合   :18席→36席

(椅子のみ使用の場合:30席→64席)

研修室1   机使用の場合   :12席→24席

(椅子のみ使用の場合:20席→40席)

研修室2   机使用の場合   : 6席→12席

(椅子のみ使用の場合:12席→20席)

 

【対象期間】

令和2年10月7日から

 

【ホール及び研修室等の使用にあたっての遵守事項】

  1. 大声での会話・歓声・声援等がないこと。想定される場合は十分な間隔(1m以上)を空けること。
  2. 近距離の会話を避け、マスクを着用すること。(当センターではマスクの準備はないため主催者側で準備すること)
  3. 人と人とが接触しない程度の間隔を確保すること。
  4. 退出時には貸出時間内に現状復旧のうえ、他者と共有する物品やドアノブ、机、椅子、講演台、司会台など手が触れる箇所の消毒を行うこと。(消毒用品は持参すること)
  5. 使用時間中は部屋の窓又は扉を開放し、換気を行うこと。
  6. 館内で大勢の人数が滞留しないための措置を講じること。(入退場の整理等)
  7. 参加者には、来館前の検温を求め、発熱(平熱+1度以上)や、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある人は来館しないよう事前に周知を図ること。
  8. 感染者が発生した場合、後日、参加者への注意喚起を行える体制を整えること。

接触確認アプリ(COCOA)大阪コロナ追跡システムへの登録または参加者全員の氏名・連絡先を取得し、来館者に対して必要に応じて保健所等の公的機関へ提供される旨周知すること。

 

【その他注意事項】

今後、貸室の使用条件等は、大阪府の新型コロナウイルス感染拡大防止の対応方針や今後の感染状況等に応じて変更する場合がありますので、貸室を使用される場合は、事前にホームページをご確認ください。(使用条件が変更される場合はおおさか・あんじゅ・ネット「貸室のお知らせ」に掲載予定)