ページの先頭へ
住むまち大阪スタイル人
住まいと暮らしの専門家団体
NPO法人 もく(木)の会
○健康な住まいづくり ○人と山をつなぐ住まいづくり ○環境を守り未来につながる住まいづくり
もく(木)の会とは 1999年に関西の女性建築士が集まり「多くの人が健やかに暮らせる住空間を提供したい。国産の木材を使うことで山の元気を取り戻したい。」と、もく(木)の会を発足しました。2007年5月よりNPO法人もく(木)の会として活動しています。 人と山をつなぐために 森林の国、日本に私たちは暮らしています。元気な山は災害から私たちを守り温暖化も防ぎます。山の元気を保つために木の住まいの提案・セミナー・見学会・ワークショップ・体験ツアー等の活動をしています。 環境を守り未来につながる住まいづくり 山の元気を保つには植えた木が込み合わないよう「間伐」し、木を伐ったらまた次の木を植え育てる健全な森林サイクルが大切です。日本の山の木を使うことで、山の手入れが保たれ、山と人、そして地球の生命をつなぎ子ども達の未来を守ります。 健康な住まいづくり 私たちは健康な住まいづくりとは人と地球の環境にやさしいものでなければならないと考えています。住まいのプロ(一級建築士・福祉住環境コーディネーター・施工管理しなど)として、また子育て・介護の経験がある生活者の視点から計画のお手伝いをします。
  • 代表者
    西野 智子
  • 連絡先
    06-6615-5117
  • E-MAIL
    info@mokunokai.jp
  • 会員数
    70名
  • 事務所所在地
    大阪市住之江区南港北2−1−10 ATC ITM棟5F J-5-1
  • URL