ページの先頭へ
住むまち大阪スタイル人
住まい情報センターと協働で事業を実施し、大阪を魅力的にする活動をしている団体・専門家・研究者を「住 むまち大阪スタイル人」と 位置づけ、こちらでご紹介しています。 お問い合わせは各団体へお願いします。 ※団体の活動を保証するものではありません。
大阪で活動する団体
団体名
活動テーマ
「住み、働き、学び、遊ぶ、全てが快適な都心づくり」
・商店街、流通業とまちづくり研究 ・都市政策、都心居住の研究 ・観光集客に関する研究 ・水都大阪、上町台地の研究・地域振興活動 ・仮想現実、拡張現実の社会実装に関する研究
船場大阪の文化の研究・発掘と顕彰
住まいと暮らしの専門家団体
団体名
活動テーマ
建築学、住居学、都市計画・社会工学、法学、経済学、社会福祉学、社会学、心理学、政治学などの広範な分野の学術研究者、都市・住宅行政や実務に携わる公民の専門家等が参画し、都市住宅に関する学際的な学術研究を実施する。また都市住宅に関する国内外の研究者・実務家との学術交流事業、啓発事業等を推進する。
現在の日本の住宅価値は、新築住宅として購入した時点が最も高く、中古住宅になったとたんにその価値が15~20%も低下するのが現状です。その後おおよそ10年で半値となり、20年程度でその価値がほぼゼロになるというものです。住宅があたかも耐久消費財のような扱いをされ、いくら投資をしてもそれが価値に反映されることはないのです。これでは所有者の点検やメンテナンスへのモチベーションも高まらず、悪循環をもらたします。価値の落ちない、落ちづらい住宅市場をつくることは、家計に資産をもたらし消費を喚起、年金や社会保障の裏付けともなるという一挙両得の、安定した内需経済の基盤となる政策です。そこで必要な社会的機能がまさに『ホームインスペクション(住宅診断)』であり、それを担うのが『ホームインスペクター(住宅診断士)』です。日本の人と不動産の関係はもちろん、日本経済全体をよくするという使命を帯びるホームインスペクターの育成やスキルアップを目指すのが、2008年に志をもってスタートした当協会の役割です。
1984年の設立以来、良好なマンションストックを日本の都市に定着させ、集合住宅における住文化の発展を図るという長期的な展望をもって、管理組合への技術支援や研究・普及活動、出版活動を行っています。
住まいとまちの研究者
団体名
活動テーマ
生活・文化の視点で、これからの住まい・まちづくり等について研究
まちづくり、都市計画、住環境整備、環境デザイン、景観デザイン、環境社会学、環境心理学、環境行動、環境システム、社会システム
災害からの住まいの復興、災害に強い住まい・まちづくり