ページの先頭へ
住むまち大阪スタイル人
住まいとまちの研究者
団体名
活動テーマ
・美術史:日本近世近代絵画史。特に媒体(主に版画)研究。 ・文化資源学:文化資源(主に視覚資料)研究。
※住まい・まちづくり学習のプログラム開発と実践活動に取り組んでいます。 ※重文民家の維持管理・活用・継承の課題を研究しています。
生活・文化の視点で、これからの住まい・まちづくり等について研究
・ヨーロッパ地域研究 ・都市の土地 ・住宅政策 ・地域資源を活かした都市再生事業
災害からの住まいの復興、災害に強い住まい・まちづくり
■専門分野 住居学・居住政策論
日本文化と中国文化の比較研究をしております。日本人と住まいもなかなか魅力的な研究課題です。
建築計画学、居住空間学。住まい・まちづくりに関する研究・実践を継続。著書:「NEXT21」(編著)、「日本における集合住宅計画の変遷」(編著)、「体験!まちづくり学習」(編著)、「まちに住まう-大阪都市住宅史-」(共著)など
建築・まちづくり
まちづくり、都市計画、住環境整備、環境デザイン、景観デザイン、環境社会学、環境心理学、環境行動、環境システム、社会システム