ページの先頭へ

佐藤健正氏「イギリスの住まいまちづくり」

投稿日 2007年2月11日(日)
更新日 2021年9月17日(金)

世界の住まいまちづくり セミナー1:イギリス編
~コルビジェから伝統様式まで。まちは住宅の見本市~

セミナー内容をより詳しく、写真つきで講師HPにアップ!→(当ホームページを離れます!) ぜひご覧ください!

日時:2007年2月11日 14:00~16:00
講演者:佐藤健正(都市計画家)

 

 景観、住宅政策、都市計画などのまちづくりのヒントとなる世界の事例をスライドを見ながら学ぼう!ということで始まったセミナーの初回。

 今回は、市浦ハウジング&プランニング代表佐藤健正氏によるイギリス編。

 イギリスはご存知のとおり、住宅政策の先進国として後進がお手本としてきた国。最も早い時期に都市化が進み、都市の変容過程に応じて、どのように住宅政策の転換をはかってきたかも、多いに興味がそそられるところ。

  

佐藤 健正氏

ロンドンのタウンハウス
(ベッドフォードスクウェア)

 

 

   佐藤氏は、都市計画家として、日本のニュータウン開発にたずさわり、現在ではその再生を手がけられる。

  趣味と実益を兼ねて、イギリスをはじめ諸外国の住宅地をたずね、スライドとして蓄積されている。
  今回はそんな膨大なアーカイブの中から、イギリスのハウジングの軌跡をお話しいただいた。

 当日の様子(議事録)はこちら⇒佐藤建正氏の講演記録 
 セミナーの内容にプラスして、イギリスの美しい写真が紹介されています(こちら。 当ホームページを離れます。写真をクリックすると拡大します)。

 佐藤氏のスライド(一部)はこちら(当ホームページを離れます)。

 

田園都市第一号レッチワース

 

最初のアーバンビレッジ
(パウンドベリー)