ページの先頭へ

萩原要一氏「マンションで愉しむ緑を学ぶ」~ベランダから共用庭ガーデニングまで~

投稿日 2007年9月23日(日)
更新日 2021年9月17日(金)
住まいの市民大学・連続セミナー
緑で彩る住まいまちづくり
~身近な緑からまち全体の環境共生まで、専門家とめぐるスライドセミナー~

 

セミナー1:マンションで愉しむ緑を学ぶ~ベランダから共用庭ガーデニングまで~

 日時:平成19年9月23日(日)14:00~16:00
講師:萩原要一(園芸専門校 副校長)

<講師プロフィール>
1957年大阪市生まれ。グリーン・コーポレーションハギハラ代表。
大阪テクノ・ホルティ園芸専門学校 教授・副校長。大阪信愛女学院短期大学 講師。 
南九州大学園芸学部園芸学科卒業 花卉研究室研究生修了。
 
 

 

 身近な緑からまち全体の環境、景観などまちづくりまで、事例をスライドを見ながら学ぶセミナーの第1回目。

今回は、大阪テクノ・ホルティ園芸専門学校 教授・副校長の萩原要一氏による、身近に緑を愉しむ方法。

 

植物を育てるときの基本的な話から緑化の方法。植物にとっての良い環境・悪い環境や土、水、光の役割と重要性についてご教授いただいた。また大阪市内に多いマンションのベランダでの緑化方法等を豊富な事例をもとに、スライドでご紹介いただいた。
また質疑応答では、庭で大きくなった木の手入れ方法から処分の仕方、プランターで植物を育てるときの土の種類や配合等、身近な質問が数多く寄せられ、あっという間に2時間が過ぎ、飽きさせない話術と共に活気のある講演会となった。

 

萩原 要一氏

講演会風景

 

 

京都精華大学で版画を学ばれている学生の増田由貴奈さんに、デザイン画を描いていただきました。
セミナーチラシはこちら。(セミナーチラシ表面セミナーチラシ裏面